家族の時間を大切にするための日常について

本郷 智祥には二人の子どもがいます。二人の子どもは中学1年生と小学4年生です。本郷 智祥は、不動産会社に勤務していますので、子どもの休みと自分の休みが違うということを不便に思っています。ですが、二人の子どもを大事に思っていることに変わりはなく、学校行事などは年に1回くらいは休みを取って見に行ったりするなどしています。
また、中学生の長男にしても、小学生の長女にしても、お父さんのことを悪く思っているということはありません。お父さんとは話もしますし、毎朝の見送りは欠かさずしています。これだけ仕事が忙しいにもかかわらず、子どもとの時間も大事にしようと思っています。
たまの休みには、学校から帰ってきた長男と長女を連れて、ファミリーレストランに食事に言ったりすることもありました。現在では、中学生の長男が部活をしていたり、小学生の長女にしても習い事などをしていることから、あまり出かけたりということはありませんが、出かけられるときは家族の時間を大事にしています。

くわしくはここをクリック