暗号通貨に対する理解

インターネット上で取引をするために専用に作られた通貨が、仮想通貨や暗号通貨と呼ばれるお金であるということは、一部の人たちを中心によく知られるようになりました。
専用の取引所があり、そこでビットコインなどの名称を持つ通貨を購入し、チャージをしてから決済に使うというのは、電子マネーの扱いに慣れた人にとってはさほどむずかしいことではないと考えられます。
一方で資産運用のために用いる人もいるのは、購入してからどんどん通貨の価値が上がっていくというところにあります。
金取引と同じく、発掘できる暗号通貨の量には限りがあることから、早めに取り掛かってたくさん掘り出して手に入れておけば、周りがどんどん関心を持つようになることによって価値がアップしていくという特徴があるのです。
株式投資の際に安値で拾っておくのと似ていますから、投資をしている人にとっては、何か似ている投資方法に置き換えて考えることで理解が進むのではないでしょうか。
かつてはビットコインと呼ばれる通貨が1年で100倍に膨れ上がるという、まさにバブルそのものの動きを見せ、その後は取引所の破たんによって暴落という結果になったことも、多くの投資家に対して投資対象という意識を持たせることになったと考えられます。
結論としては新しい決済手段、そして新たな投資対象という二つの顔を持つ新しい通貨、それが暗号通貨であるという理解に行き着きそうです。

クリックして別ページへ