仕事のスケジュールに対するポリシーとは

本郷 智祥は不動産会社の営業マンとして働いています。不動産会社の営業マンというと、業績が給与に直接跳ね返ってくるという度合いが高く、人事考課にも営業成績が大変重要です。そのため、一般的には長い時間働いている営業マンが少なくありません。

しかしながら最近では、本郷 智祥は20時程度の退社、もしくは遅くなっても21時までの退社とするように心掛けており、これが彼のポリシーです。その理由としては、まず部下の育成が挙げられます。

部下は上司がいると帰りにくいという経験をしているからこそ、自ら率先して比較的早めに帰ることで部下たちが必要以上に遅く残らないようにしています。ちなみに、本郷 智祥はマネージャー、すなわち管理職ですので残業したからと言って給料が変わるわけではありません。

他にも、比較的早く帰る理由としては、不動産の営業マンだからこそ、経済情勢やニュース、景気の動向に注意を払っておかなければなりません。そのためには、比較的早めに帰宅して、経済雑誌を読んだりニュースを見たりとした時間に充てるようにしています。