臨床研修医制度を知っていますか?

臨床研修医制度は平成16年に出来た制度です。
以前にはインターンと呼ばれていた制度に似ていますが、前期と後期に分けて多様な科を経験するという点で異なっています。
医師になるには、まず医学部を卒業して医師国家試験に合格する必要があります。
合格すれば医師免許がもらえますが、それだけでは臨床医としては経験不足というわけで、実際の病院に勤務して先輩医師と一緒に患者さんに向き合いながら一人前の医師になるための修行をする期間が研修医期間です。
臨床医ではなく、研究職に進む場合は必ずしもこの研修医制度を経験しなくても勤務できますが、患者さんを診察する臨床医になるには必ず義務付けられているものです。
研修医は多くの病院が受け入れていて、特に医師不足に悩む病院では、研修を受けた病院での就職まで考えてもらおうと、充実した研修医プログラムを組んでいるところも多くなっています。
それに伴って医師の就職にも変化が起こりました。
かつては医局と呼ばれる大学の教室から決められた研修先で研修を積み、就職も医局から決められた病院に派遣されることが多く、医局が医大生の就職先を決めていたのです。
しかし現在は、医大生が一般企業の就職活動のように、医局の枠にとらわれず自由に研修病院や就職先を選ぶことができるようになりました。
後期研修医 臨床研修医 シニアレジデント募集|東京医科大学整形外科 関節外科 脊椎外科