水素水の効果を失わないための保存容器

活性酸素から、体を守ってくれる効果が期待できると、話題の水素水。
近年は、医療分野の研究等だけでなく、健康や美容を意識する人たちも積極的に取り入れているそうです。
しかしその保存方法によっては、肝心の水素が抜けてしまうことをご存知でしょうか。
なぜなら水素の分子は非常に小さく、ペットボトルなどの素材は透過してしまうからです。
また空気に触れている状態でも、時間の経過とともに水素の含有量は減ってしまいます。
せっかくの水素水が、飲んだ時には既に水素が入っていなかった。
なんてことがないように、保存容器選びは慎重にしたいものです。
では、購入や保存の際には、どのような点に注意すべきでしょうか。
アルミニウムはペットボトルのように水素を透過させることはない、というデータがあります。
したがって材質はアルミが良いでしょう。
更に、上部に空気が入ってしまうアルミボトルではなく、きっちり空気を抜くことができるアルミパウチを選び、保存の際には丁寧に空気を抜くと良いでしょう。
また、開封後や、移し変えた後は、なるべく早く飲みきることをおすすめします。
保存に適した容器を選び、水素水の持つ抗酸化力や還元力を失わせることなく、効率よく体へと取り込みたいものです。