ファクタリングのデメリット

ファクタリングを行う際のメリットはたくさんありますが、デメリットもありますのでそれを理解してから利用されることをおすすめします。
デメリットとして、手数料を支払わなければいけなくなります。
さらには買い取りの掛目が必要となります。
この場合、実際の売掛金の支払いがある時まで待ってからの入金よりも、手数料と掛目の分だけ入金額が少なくなります。
ファクタリングを行う場合に、3社間の取引を行う場合は、どうしても相手企業の承諾を得なければいけなくなる場合もあり、取引企業にファクタリングを行うことを知られるために相手企業からはマイナスイメージを持たれることもあります。
さらには、実際にお金の入金までに時間がかかる場合もあります。
あとは売掛先との取引内容によっては、売掛負債を譲渡するときに債権譲渡特例法というのがありますので、債権譲渡登記を行わなければいけない場合もでてきます。
それはファクタリング会社によって、その方法は変わってきますので、取引をする前に確認をしておく必要があります。
いろいろな手続き上で面倒な場合も有りますが、銀行からの融資を考えると、割と簡単に入金されて時間がかからないので、その点は大きなメリットでもあります。