兼六ホームの分譲住宅販売が人気を集める理由

分譲住宅団地と聞くと、全く同じデザインの建売住宅が立ち並ぶ、殺風景な住宅街を思い描く方が多いでしょう。
兼六ホームが分譲している住宅団地は、これまでの既成概念を打ち壊す斬新さと融通性の高さが人気の理由です。
兼六ホームによる兼六パークタウンというブランドでの分譲住宅販売は、従来の建売住宅販売のイメージを打ち壊すものです。
一般に分譲による建売住宅販売というのは、すでに大手ハウスメーカーが一律の規格ベースに建築済の住宅を販売していますが、兼六パークタウンは建築前の段階で販売を開始します。
注文住宅との違いは、兼六パークタウンブランドとしての基本プランの枠内で、かなり自由なアレンジを建築主がオーダーできるという点です。
注文住宅のようでリーズナブルな建売住宅のコストメリットを得られる兼六ホームの兼六パークタウンは、カスタマイズの自由度の大きさとコストパフォーマンスの高さが認知され、大きな人気を集める分譲住宅となっているのです。