冬にはスタッドレスタイヤを使うと安全です

自動車のタイヤには夏用のものと冬用のものがあります。
そしてその違いは溝の深さです。
夏用のタイヤは特に溝が深くはできていませんが、冬用のスタッドレスタイヤの場合には溝が深めにできています。
これは冬に雪が降り道路に積もったり、路面が凍結してしまう事を想定してそのような作りになっています。
つまり溝が深くできているため、滑りにくくするという効果があるわけです。
もし夏用のタイヤを使用して冬の凍結した路面や雪が積もっている場所を走行した場合には、ブレーキをかけてもスリップしたりする事が多くなってしまいます。
またスリップまではならなくても、ブレーキを踏んでから自動車が完全に止まるまでの時間が長くなります。
そのため危険を伴う事になり事故の原因になるため、冬になったらきちんとスタッドレスタイヤに交換する事が大切です。
そうする事で少しでも交通事故を減らす事ができます。
またスタッドレスタイヤはこうした安全な側面が多い事から、夏場でも使用していいのかと考える人もいます。
そして実際に夏に使用する事に関しては問題ありませんが、溝が磨り減りやすくなります。
そうすると冬に使用する時に滑りやすくなってしまい安全面での効果が薄れてしまうため、きちんと交換する事が望ましいです。
http://www.slc-parts.com/shopbrand/026/Y/