水素水の濃度にこだわってみよう

活性酸素は体内のサビなどと呼ばれて美容や老化防止の大敵とされ、その対策として水素水健康法が着目されています。
活性酸素がどこからやってくるのかと言うと、それは日々の呼吸です。
呼吸で吸った酸素が、体内を巡った後は老廃物として二酸化炭素になって出ていくのはよく知られています。
ここで、吸う酸素は100パーセント排出されるのではなく数パーセントは体に残ります。
これが残留酸素ですが、ここで問題になるのが酸素の持つ酸化力です。
酸化は酸素がとりつく現象で、金属のサビも酸化です。
体内残留酸素も、近くの細胞を酸化させます。
酸化した細胞はターンオーバー機能がグッと下がるため、そこから老化が加速したり病気のきっかけになります。
だから活性酸素はサビと呼ばれて嫌われています。
水素水が活性酸素対策になる仕組みは還元力です。
還元というのは酸化した物を元に戻す作用で、水素の溶けた水を飲むとその水素は体内で活性酸素を還元し水になります。
酸化・還元のメカニズムを応用し生活に水素の溶け込んだ水を取り入れるだけなので簡単です、もちろん安全です。
しかし、水素は物質としては分子が小さくまた非常に軽いため、せっかく水に溶かしても空気に接する面からどんどん逃げてしまいまた開封前のボトルでも透過することがあります。
そこで、水素水健康法を始めるのであれば飲む時点でどのくらい水素が溶けているのかをチェックする必要があります。
コップに注いだらどのくらいで水素が逃げてしまうのかや、どんなボトルが適しているかなどについて検証した報告もいろいろありますので参考になります。